--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安積由紀子

* 8月13日が『結審』 関電書面提出締め切り8・10日に
 『 大飯原発運転・差し止め裁判 第3回審尋』(7月9日)引用

*『緊拡散』*  F-6断層の『掘削調査を求める』旨の
 『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ  真に原発のない夏休みをプレゼントしよう!

* 原発敷地内を走る断層(F-6破砕帯)について
関 電:『「反論』に8月末までかかる。整理がつかない」
▷裁判長:「破砕帯問題は設置時からの問題ですから」と
      関電の態度を批判

 7月9日、午後1時半〜約20分
     『原告の傍聴は30名』『関電側は9名』。

原告:敷地内を走る断層(F-6破砕帯)が活断層の可能性     高いとの主張追加し、運転停止を早急に求める。
  ・ 関電の制御棒挿入時間に関する批判とあわせ、
    主張書面(3)、証拠説明書、主張要旨を提出。

▷裁判長:制御棒挿入時間の問題、追加した断層問題について      も、非常に的確に、関電側に質問。
関電側:まったく行き詰まり。積極的に発言するのは、
     時間稼ぎだけ。

関電:断層についての『反論』に「8月末までかかる」と
   発言時、傍聴席からはブーイング湧く。
   裁判長は、傍聴席をなだめて、次回期日の調整を続ける。   原告の思いはよく伝わっているようですが・・。                   *最悪・フェイントに注意!

* 8月13日が『結審』。関電書面提出締め切り8・10日
  (月)午後1:30~ 大阪地裁508号室。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    *第3回審尋のポイントを紹介

◆断層問題の反論に「8月末までかかる」(関電弁護士)

関電弁護士:「F-6について、反論は8月末までかかる。
       整理がつかない」と発言。
▷裁判長:「破砕帯の問題は設置のときの問題ですから」と、
 なぜそんなに時間がかかるのか、すぐに出せるはずだという  ニュアンスで、関電の発言に首をかしげながら語る。
「掘って調査をしてその結果をと言っているわけではない」と。
関電側:「渡辺氏の主張もあり・・・」と、まったく逃げ腰。 断層問題で関電:7月3日国の「地震・津波に関する意見聴取 会」に資料も出さず『運転再開は強行』、まったく許し難い
 態度です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆制御棒挿入問題でも関電の主張の問題点を指摘する裁判官

 地震時に制御棒が基準値以内に挿入されるか、の問題につき、6月27日に『やっと書面提出』。これまでの制御棒挿入の
評価値は2.16秒としていたものを「1.88秒」とし、
守らなければならない基準値2.2秒についても「11秒
までに挿入すれば大事故は防げる」との『暴論を展開』。

▷裁判官:「『1.88秒』はどこからきているのか?」
    「基準値(2.2秒)を超えてもいいということか?
 超えて幅があるということか?」と関電主張の問題点を質問。
原告:福島原発事故によって原発の安全基準(安全設計指針     類)は崩れていると主張していることに関して、
▷裁判官:関電に対して「安全基準はあるのか、ないのか?」    「4閣僚の判断基準はどう位置づけるのか?」とも問う。
関電:これらについても『書面で主張する』と述べるだけ。

◆『再稼働は強行』し『裁判の引き延ばしだけに力を注ぐ』関電
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 次回が結審『期日について』
関電側:「8月13日は差し支える」と『8月末を主張』。
▷裁判官:「8月6日に期日を入れましょう」と言うと、
関電側:困った様子で、前言を翻し「8月13日で」と。
     結局次回は8月13日となり
   『関電書面は8月10日(金)までに提出』することに。
*『引き延ばしだけに終始する関電』ですが、
 『結審を迎える』ことになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*F-6断層の『掘削調査を求める』・・
『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ、 運転停止を勝ち取りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★審尋前の12:00~13:00 大阪地裁前で『アピール行動』
 地震や断層が危ないことと、司法への応援をコール。

「調査が必要」「地震が危ない」『がんばれ司法」『がんばれ議員』『がんばれ首長』『福井を守ろう」「大人が守ろう」

*IWJがネット配信。35 分位〜10 分だけでも観てください。
 http://www.ustream.tv/recorded/23870805
(原告:M)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012.7.10
大飯原発3・4号運転差し止め裁判原告団 事務局
---------------------------
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama

07

11

23:20

安積由紀子

* 8月13日が『結審』 関電書面提出締め切り8・10日に
 『 大飯原発運転・差し止め裁判 第3回審尋』(7月9日)引用

*『緊拡散』*  F-6断層の『掘削調査を求める』旨の
 『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ  真に原発のない夏休みをプレゼントしよう!

* 原発敷地内を走る断層(F-6破砕帯)について
関 電:『「反論』に8月末までかかる。整理がつかない」
▷裁判長:「破砕帯問題は設置時からの問題ですから」と
      関電の態度を批判

 7月9日、午後1時半〜約20分
     『原告の傍聴は30名』『関電側は9名』。

原告:敷地内を走る断層(F-6破砕帯)が活断層の可能性     高いとの主張追加し、運転停止を早急に求める。
  ・ 関電の制御棒挿入時間に関する批判とあわせ、
    主張書面(3)、証拠説明書、主張要旨を提出。

▷裁判長:制御棒挿入時間の問題、追加した断層問題について      も、非常に的確に、関電側に質問。
関電側:まったく行き詰まり。積極的に発言するのは、
     時間稼ぎだけ。

関電:断層についての『反論』に「8月末までかかる」と
   発言時、傍聴席からはブーイング湧く。
   裁判長は、傍聴席をなだめて、次回期日の調整を続ける。   原告の思いはよく伝わっているようですが・・。                   *最悪・フェイントに注意!

* 8月13日が『結審』。関電書面提出締め切り8・10日
  (月)午後1:30~ 大阪地裁508号室。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    *第3回審尋のポイントを紹介

◆断層問題の反論に「8月末までかかる」(関電弁護士)

関電弁護士:「F-6について、反論は8月末までかかる。
       整理がつかない」と発言。
▷裁判長:「破砕帯の問題は設置のときの問題ですから」と、
 なぜそんなに時間がかかるのか、すぐに出せるはずだという  ニュアンスで、関電の発言に首をかしげながら語る。
「掘って調査をしてその結果をと言っているわけではない」と。
関電側:「渡辺氏の主張もあり・・・」と、まったく逃げ腰。 断層問題で関電:7月3日国の「地震・津波に関する意見聴取 会」に資料も出さず『運転再開は強行』、まったく許し難い
 態度です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆制御棒挿入問題でも関電の主張の問題点を指摘する裁判官

 地震時に制御棒が基準値以内に挿入されるか、の問題につき、6月27日に『やっと書面提出』。これまでの制御棒挿入の
評価値は2.16秒としていたものを「1.88秒」とし、
守らなければならない基準値2.2秒についても「11秒
までに挿入すれば大事故は防げる」との『暴論を展開』。

▷裁判官:「『1.88秒』はどこからきているのか?」
    「基準値(2.2秒)を超えてもいいということか?
 超えて幅があるということか?」と関電主張の問題点を質問。
原告:福島原発事故によって原発の安全基準(安全設計指針     類)は崩れていると主張していることに関して、
▷裁判官:関電に対して「安全基準はあるのか、ないのか?」    「4閣僚の判断基準はどう位置づけるのか?」とも問う。
関電:これらについても『書面で主張する』と述べるだけ。

◆『再稼働は強行』し『裁判の引き延ばしだけに力を注ぐ』関電
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 次回が結審『期日について』
関電側:「8月13日は差し支える」と『8月末を主張』。
▷裁判官:「8月6日に期日を入れましょう」と言うと、
関電側:困った様子で、前言を翻し「8月13日で」と。
     結局次回は8月13日となり
   『関電書面は8月10日(金)までに提出』することに。
*『引き延ばしだけに終始する関電』ですが、
 『結審を迎える』ことになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*F-6断層の『掘削調査を求める』・・
『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ、 運転停止を勝ち取りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★審尋前の12:00~13:00 大阪地裁前で『アピール行動』
 地震や断層が危ないことと、司法への応援をコール。

「調査が必要」「地震が危ない」『がんばれ司法」『がんばれ議員』『がんばれ首長』『福井を守ろう」「大人が守ろう」

*IWJがネット配信。35 分位〜10 分だけでも観てください。
 http://www.ustream.tv/recorded/23870805
(原告:M)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012.7.10
大飯原発3・4号運転差し止め裁判原告団 事務局
---------------------------
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama

07

11

23:23

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nonukesyodogawa.blog.fc2.com/tb.php/19-57097911

07

13

コメント

パレード第5弾を開催します!

原発撤退を求める淀川東淀川区民集会&パレード【第5弾】を開催します!


7月1日 多くの国民が反対する中、政府と関西電力は大飯原発の再稼働作業を開始しました。
全国に先駆けて、この関西から原発を再稼働させてしまったことは、とても悔しく感じています。
関西に住む私達があきらめずに大きく声を上げ、もう一度「原発ゼロ」の日本を取り戻しましょう!
再稼働の撤回と全ての原発の廃炉を求め、一緒にパレードしましょう!

ご存知の通り、毎週金曜日の夕方には東京の首相官邸前、大阪の関西電力本店前にて抗議行動が行われています。
そのアクションは、名古屋や京都など全国各地の関西電力営業所前へも広がっています。
今回、私たちは地元の「関西電力三国営業所」へ向け、「原発いらない」「再稼動撤回」の声を上げます!
官邸前や関電本店まで行けない方、たまたまその日は十三・三国辺りにいらっしゃる方、わざわざお越しいただける方・・・、どなたでも大歓迎!途中参加もOKです!



■日時
 2012年7月13日(金) 18:30集合/18:45パレード出発

■集合場所
 野中南公園(淀川区民センターとなりのグラウンド)
 
■パレードコース
 野中南公園→関西電力三国営業所→阪急三国駅前




より大きな地図で 野中南公園 を表示

安積由紀子

* 8月13日が『結審』 関電書面提出締め切り8・10日に
 『 大飯原発運転・差し止め裁判 第3回審尋』(7月9日)引用

*『緊拡散』*  F-6断層の『掘削調査を求める』旨の
 『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ  真に原発のない夏休みをプレゼントしよう!

* 原発敷地内を走る断層(F-6破砕帯)について
関 電:『「反論』に8月末までかかる。整理がつかない」
▷裁判長:「破砕帯問題は設置時からの問題ですから」と
      関電の態度を批判

 7月9日、午後1時半〜約20分
     『原告の傍聴は30名』『関電側は9名』。

原告:敷地内を走る断層(F-6破砕帯)が活断層の可能性     高いとの主張追加し、運転停止を早急に求める。
  ・ 関電の制御棒挿入時間に関する批判とあわせ、
    主張書面(3)、証拠説明書、主張要旨を提出。

▷裁判長:制御棒挿入時間の問題、追加した断層問題について      も、非常に的確に、関電側に質問。
関電側:まったく行き詰まり。積極的に発言するのは、
     時間稼ぎだけ。

関電:断層についての『反論』に「8月末までかかる」と
   発言時、傍聴席からはブーイング湧く。
   裁判長は、傍聴席をなだめて、次回期日の調整を続ける。   原告の思いはよく伝わっているようですが・・。                   *最悪・フェイントに注意!

* 8月13日が『結審』。関電書面提出締め切り8・10日
  (月)午後1:30~ 大阪地裁508号室。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    *第3回審尋のポイントを紹介

◆断層問題の反論に「8月末までかかる」(関電弁護士)

関電弁護士:「F-6について、反論は8月末までかかる。
       整理がつかない」と発言。
▷裁判長:「破砕帯の問題は設置のときの問題ですから」と、
 なぜそんなに時間がかかるのか、すぐに出せるはずだという  ニュアンスで、関電の発言に首をかしげながら語る。
「掘って調査をしてその結果をと言っているわけではない」と。
関電側:「渡辺氏の主張もあり・・・」と、まったく逃げ腰。 断層問題で関電:7月3日国の「地震・津波に関する意見聴取 会」に資料も出さず『運転再開は強行』、まったく許し難い
 態度です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆制御棒挿入問題でも関電の主張の問題点を指摘する裁判官

 地震時に制御棒が基準値以内に挿入されるか、の問題につき、6月27日に『やっと書面提出』。これまでの制御棒挿入の
評価値は2.16秒としていたものを「1.88秒」とし、
守らなければならない基準値2.2秒についても「11秒
までに挿入すれば大事故は防げる」との『暴論を展開』。

▷裁判官:「『1.88秒』はどこからきているのか?」
    「基準値(2.2秒)を超えてもいいということか?
 超えて幅があるということか?」と関電主張の問題点を質問。
原告:福島原発事故によって原発の安全基準(安全設計指針     類)は崩れていると主張していることに関して、
▷裁判官:関電に対して「安全基準はあるのか、ないのか?」    「4閣僚の判断基準はどう位置づけるのか?」とも問う。
関電:これらについても『書面で主張する』と述べるだけ。

◆『再稼働は強行』し『裁判の引き延ばしだけに力を注ぐ』関電
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 次回が結審『期日について』
関電側:「8月13日は差し支える」と『8月末を主張』。
▷裁判官:「8月6日に期日を入れましょう」と言うと、
関電側:困った様子で、前言を翻し「8月13日で」と。
     結局次回は8月13日となり
   『関電書面は8月10日(金)までに提出』することに。
*『引き延ばしだけに終始する関電』ですが、
 『結審を迎える』ことになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*F-6断層の『掘削調査を求める』・・
『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ、 運転停止を勝ち取りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★審尋前の12:00~13:00 大阪地裁前で『アピール行動』
 地震や断層が危ないことと、司法への応援をコール。

「調査が必要」「地震が危ない」『がんばれ司法」『がんばれ議員』『がんばれ首長』『福井を守ろう」「大人が守ろう」

*IWJがネット配信。35 分位〜10 分だけでも観てください。
 http://www.ustream.tv/recorded/23870805
(原告:M)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012.7.10
大飯原発3・4号運転差し止め裁判原告団 事務局
---------------------------
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama

07

11

23:20

安積由紀子

* 8月13日が『結審』 関電書面提出締め切り8・10日に
 『 大飯原発運転・差し止め裁判 第3回審尋』(7月9日)引用

*『緊拡散』*  F-6断層の『掘削調査を求める』旨の
 『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ  真に原発のない夏休みをプレゼントしよう!

* 原発敷地内を走る断層(F-6破砕帯)について
関 電:『「反論』に8月末までかかる。整理がつかない」
▷裁判長:「破砕帯問題は設置時からの問題ですから」と
      関電の態度を批判

 7月9日、午後1時半〜約20分
     『原告の傍聴は30名』『関電側は9名』。

原告:敷地内を走る断層(F-6破砕帯)が活断層の可能性     高いとの主張追加し、運転停止を早急に求める。
  ・ 関電の制御棒挿入時間に関する批判とあわせ、
    主張書面(3)、証拠説明書、主張要旨を提出。

▷裁判長:制御棒挿入時間の問題、追加した断層問題について      も、非常に的確に、関電側に質問。
関電側:まったく行き詰まり。積極的に発言するのは、
     時間稼ぎだけ。

関電:断層についての『反論』に「8月末までかかる」と
   発言時、傍聴席からはブーイング湧く。
   裁判長は、傍聴席をなだめて、次回期日の調整を続ける。   原告の思いはよく伝わっているようですが・・。                   *最悪・フェイントに注意!

* 8月13日が『結審』。関電書面提出締め切り8・10日
  (月)午後1:30~ 大阪地裁508号室。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    *第3回審尋のポイントを紹介

◆断層問題の反論に「8月末までかかる」(関電弁護士)

関電弁護士:「F-6について、反論は8月末までかかる。
       整理がつかない」と発言。
▷裁判長:「破砕帯の問題は設置のときの問題ですから」と、
 なぜそんなに時間がかかるのか、すぐに出せるはずだという  ニュアンスで、関電の発言に首をかしげながら語る。
「掘って調査をしてその結果をと言っているわけではない」と。
関電側:「渡辺氏の主張もあり・・・」と、まったく逃げ腰。 断層問題で関電:7月3日国の「地震・津波に関する意見聴取 会」に資料も出さず『運転再開は強行』、まったく許し難い
 態度です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆制御棒挿入問題でも関電の主張の問題点を指摘する裁判官

 地震時に制御棒が基準値以内に挿入されるか、の問題につき、6月27日に『やっと書面提出』。これまでの制御棒挿入の
評価値は2.16秒としていたものを「1.88秒」とし、
守らなければならない基準値2.2秒についても「11秒
までに挿入すれば大事故は防げる」との『暴論を展開』。

▷裁判官:「『1.88秒』はどこからきているのか?」
    「基準値(2.2秒)を超えてもいいということか?
 超えて幅があるということか?」と関電主張の問題点を質問。
原告:福島原発事故によって原発の安全基準(安全設計指針     類)は崩れていると主張していることに関して、
▷裁判官:関電に対して「安全基準はあるのか、ないのか?」    「4閣僚の判断基準はどう位置づけるのか?」とも問う。
関電:これらについても『書面で主張する』と述べるだけ。

◆『再稼働は強行』し『裁判の引き延ばしだけに力を注ぐ』関電
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 次回が結審『期日について』
関電側:「8月13日は差し支える」と『8月末を主張』。
▷裁判官:「8月6日に期日を入れましょう」と言うと、
関電側:困った様子で、前言を翻し「8月13日で」と。
     結局次回は8月13日となり
   『関電書面は8月10日(金)までに提出』することに。
*『引き延ばしだけに終始する関電』ですが、
 『結審を迎える』ことになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*F-6断層の『掘削調査を求める』・・
『緊急署名や国会議員署名を広め』法廷内外の活動を結びつけ、 運転停止を勝ち取りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★審尋前の12:00~13:00 大阪地裁前で『アピール行動』
 地震や断層が危ないことと、司法への応援をコール。

「調査が必要」「地震が危ない」『がんばれ司法」『がんばれ議員』『がんばれ首長』『福井を守ろう」「大人が守ろう」

*IWJがネット配信。35 分位〜10 分だけでも観てください。
 http://www.ustream.tv/recorded/23870805
(原告:M)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012.7.10
大飯原発3・4号運転差し止め裁判原告団 事務局
---------------------------
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama

07

11

23:23

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nonukesyodogawa.blog.fc2.com/tb.php/19-57097911

Twitter @yodotouyodo

プロフィール

原発いらん!淀川・東淀川

Author:原発いらん!淀川・東淀川
2011年6月に政府・各電力会社の原発からの早期撤退を求め活動を開始。 2012年10月リニューアルスタート!これまで6回の集会&パレードを行い「原発はいらない」とアピールをしました。

facebookページ : 原発いらん!淀川・東淀川

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。